*

キンコン西野は何故嫌われてる?絵本作家として絵が凄くて斬新!

   

キンコン西野さん、お笑い芸人のキングコング・西野亮廣さんですけど、世間からは嫌われているんでしょうか?

本人はそれで全然気にしていないみたいですけど、どうしてそんなに嫌われているんでしょうか?

また最近は絵本作家として活動していますが、そちらは凄いと言われています。

色々と調べて見ましょう。

 

西野亮廣さんとは?

西野亮廣(にしのあきひろ)さんはお笑い芸人であり、絵本作家として活動しています。

ws000231

出典://http://image.news.livedoor.com/

絵本作家としてのペンネームは、にしのあきひろと平仮名で活動しているようですね。

吉本興業に所属しています。お笑いコンビキングコングのツッコミ、ネタ作りを担当しています。

っていうか最近は二人で活動はしていないんでしょうね。

相方の梶原雄太さんは何してるんだろうか?そっちの方が気になりますけどねwwww

ws000232

出典://http://blog-imgs-44.fc2.com/

今はテレビで見ることももあまりないですね。干されたって思って間違い無いです。

小さい頃からお笑い芸人になることしか考えていなかったということで、美術教師に美術大学進学を勧められるぐらい絵が上手かったようですね。

それでもやはりお笑い芸人をめざし、そして活躍していたのにね。

キングコングの笑いは結構好きでしたけどね・・・。西野さんのツッコミは結構良いと思って見てました。

まあ、絵本作家として活躍できるって言うのはそれだけ多才何だと思いますけどね。

絵本作家はタモリさんからの助言があったというのは有名な話しですかね?

ws000233

出典://http://boukenka.info/

タモリさんと西野さんは「笑っていいとも」で共演しています。

タモリさんから「飲みに行こうか」と誘われ、「西野、絵を描いたらどう?絵本を作るとか」と言われたと言うことですね。

それから暇を見つけては、絵を描いていたそうですが、西野さんの絵はボールペンでひたすら絵を重ねるっていう絵ですから、時間がかかりますよね。

2年たっても絵本の半分ぐらいしか進んでいなかったようですけどね。

そこで弱音を吐いているとまた、タモリさんが声を掛けてくれたそうです。

タモリさんから絵を勧められていなかったら、今の絵本作家・にしのあきひろは存在してなかったってことですよね。

やっぱりね。こういう裏話を聞くとタモリさんって凄い人なんだろうなって思います。

今は、西野さんはお笑い芸人を引退し、絵本作家を肩書きとするということです。

「肩書きだけの問題」ということで、芸能活動から引退しているわけではありません。

 

キンコン西野さんはどうして嫌われてるの?

さて、お笑い芸人として成功し、そして絵本作家としても成功している西野さん。

普通なら賞賛されることはあっても、嫌われることはないですよね。

なのにどうしてネットで”キンコン西野”と検索すると”嫌い”ってワードがでるんでしょうか?

やっぱり日本は出る杭は打たれる社会だということですかね?

多才な人や目立つ人は嫌われるってことなのかもしれません。

西野さんの言動によって嫌われると言うこともあるでしょう。

西野さんは自信があるんでしょうね。なので、人にも意見は言うし、批判もするってことです。

それが周りから浮くんでしょうね?”なんだあいつは!”っていうことでしょう。

それが今はネット時代と言うことで、たくさんの人に届くということです。

なので、「好感度が低い芸人1位」なんでしょうね。

でも西野さんが凄いのは嫌われていることを平気というか、むしろ力に変えていることですね。

嫌われても構わないって思っているところです。

っていうかむしろ嫌われるようにしているんじゃないか?ってことですよね。

SNSなどによって国民総ツッコミみたいな状況ですよね。

それを西野さんは楽しんでいるみたいです。世間を相手に炎上させて、ボケをかましてる見たいな事ですね。

言ってる事はわかりますが、それって精神的に強くないとできないことですよね。

西野さんは嫌いって言ってる人は切り捨てると言ってます。確かにその方が良いでしょうね。

なんていうか、嫌われてるみたいだよって思ってる人がただ単に乗っかってるだけみたいな風潮もありますしね。

それなら西野さんを好きって言う人を増やそうという考えらしいです。

良い考えですよね。でも基本は自分のやりたいようにやるってことみたいです。

そんな人生を歩めるってある意味羨ましいですけどね。

 

絵本作家としては凄い!

タモリさんからの勧めもあり、約5年の月日をかけ制作した作品が絵本「Dr.インクの星空キネマ」ですね。

ws000234

出典://https://images-na.ssl-images-amazon.com/

2009年1月26日に発売されています。これがデビュー作品です。

2010年1月25日には2冊目の絵本「Zip&Candy-ロボットたちの-」を出版。

2012年11月にはタモリさんの原案により3冊目となる絵本「オルゴールワールド」を上梓しています。

2013年にはクラウドファンディングにより海外絵本絵画展も開催していますしね。

最近では西野さん自身が構想を考え、文章と絵コンテ、キャラクターデザインを担当し自身初となる完全分業制の形をとった4年半かけて制作した絵本「えんとつ町のプペル」が発売されました。

ws000235

出典://https://cdn.camp-fire.jp/

人気がありますよね。っていうかもの凄い緻密な画だと思います。

一人で描いている時はめちゃくちゃ細かい線で描かれていますよね。

また最新作のプペルは分業制ということだから、もの凄いクオリティがあります。

絵本に見えませんよね。

いや、これから分業制の絵本が流行るでしょうか?

でもアマゾンでも売り上げが良い様ですし、にしのあきひろさんのファンはいると言うことです。

ネット上では

<stro

こういうファンがいるからこそ、西野さんも強気でいられるのかもしれませんね。

 

まとめ

キンコン西野さんについて調べました。

今後も作品を描き続けるでしょうね。そしてファンは増え続けるのではないでしょうか?

お笑い芸人としても、また絵本作家としても成功していると思います。

世間に名前が浸透しているってだけでも大成功です。

それだけ宣伝出来てるわけですからね。

これからも人がマネできない独自の道を進んで欲しいですね。頑張ってください!

作家といえばこの人も!↓

又吉直樹は沖縄の出身?実家の家業は?彼女はバレー関係者?

 - 作家