*

松山ケンイチはなまりが酷い?L役の評価は上昇中!3人目の子供も!

      2015/09/04

土曜ドラマ『ど根性ガエル』に主演で出演中の大人気実力派俳優、
松山ケンイチさんですが、なまりが酷いと話題になっているそうですね。

2006年に公開された映画『デスノート』で演じたL役の評価が
今になって再び上昇中の様なのですが、何故なのでしょう?

3人目の子供さんについても含めて、今回色々調べてきました!

松山ケンイチさんのプロフィール

maxresdefault

本名:松山 研一(読み同じ)
生年月日:1985年3月5日
出身地:青森県むつ市
出身校:青森県立大湊高等学校→東京都立代々木高等学校卒業
血液型:B型
ジャンル:俳優・モデル
活動期間:2001年~
著名な親族:小雪(妻・女優)
所属事務所:ホリプロ

略歴

松山さんが芸能界デビューしたのは2001年。

所属事務所であるホリプロとBoon×PARCOの共同企画で開催された
ホリプロ男性オーディション『New Style Audition』にて、
応募総数16,572人もの中から見事グランプリを受賞しています。

そして同年に開催されたキャンペーン、
PARCO2001年『Looking for a new“NEW”』で
モデルとしてデビューを果たしました。

松山さんと言えば俳優のイメージしかありませんでしたが、
最初はモデルとしてデビューしていたのですね。

確かに端正なお顔立ちに180cmの高身長ですから、
モデルとしても十分務まりますね!

ちなみに芸能界入りした理由は親の薦めによるものだったそうで、
なんと本人は芸能界に興味が無かったそうです!

これは親御さん、ナイスアシストですね(笑)!

俳優デビューを飾ったのは翌年2002年に放送が開始された
大人気ドラマ『ごくせん』の第一シリーズでした。

blogscyimgjpresblog147fpezpez1975folder8416357114757img_01232855455- (1)

毛利研一役で出演していたみたいですが、
本名と同じ漢字ですね!これは偶然でしょうか?

2003年には映画『アカルイミライ』で銀幕デビューも果たし、
早速翌年には映画『ウイニング・パス』で初主演を演じ、
2006年にはあの『デスノート』『デスノートthe Last name』で
L役を演じて注目を集めました。

images

松山さんのL役はまさにうってつけ、適役だったと私も思いました!

原作が漫画の作品を実写化すると、大抵は批判の声が挙がったり
批評が多く見受けられたりするのですが、
デスノートは原作を超えたとまで言われる程
絶賛された数少ない作品ではないでしょうか?

それだけキャスティングが良かったと言う事でしょうね!

スクリーンショット-2015-03-30-12.44.42

その後も『ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ』、
『人のセックスを笑うな』や『デトロイト・メタル・シティ』、
『L change the WorLd』等々、数々の映画で立て続けに主演を演じて話題となり、
今なおドラマに映画にバラエティにと引っ張りだこの、若き実力派俳優さんです。

main

なまりが酷い?

こちらの話題についてですが、これは本当みたいですね。

そもそも松山さんの出身地は、青森県むつ市です。(赤い場所)

304px-基礎自治体位置図_02208.svg

なので松山さんは東北なまりの話し方をされているのですが、
確かにバラエティに出演されている時のトークは訛っていますよね。

ですが演技をしている時は全く訛っていないですし、
これはもう仕方ないのではないかと思いますね。

同じ地方出身者としては、意識して話している時は大丈夫なのですが、
少し気を抜いて話したり、同郷の方とお話しした後は無意識に訛りが出る気持ちは分かります(笑)。

まぁ視聴者の中には松山さんの訛りに対して

『聞いててイライラします!!!!!』

なんて声も挙がっていたそうですが、
役を演じている時はしっかり標準語で話している訳ですし、
バラエティの時はそういうキャラなのだと割り切って観てみると良いかも知れませんね。

という訳でこちらの話題は

『結構訛っている!けど、役を演じている時以外なので温かい目で見守りましょう!』

と言う感じで少々強引に纏めます(笑)。

L役の評価が再び上昇中?

お次はこちらの話題についてですが、
これは理由がなんとなく分かります(笑)。

前述しましたが、松山さんと言えば、映画『デスノート』2部作及び
『L change the WorLd』でL役を演じた事で有名ですよね。

そしてその『デスノート』、
装いも新たに新作ドラマとして今月から放送開始しています。

165101

コチラのドラマ、原作とはかなりキャラ設定などが改変され、
ストーリーもオリジナルなのですが、このドラマでL役を演じているのが
俳優の山崎賢人さん。

原作や映画でのLの特徴に、

“椅子等に独特な座り方をする”

“甘いものを常に摂取している”

“裸足”

などがありましたが、今回のドラマのLには、
なんとその設定が一切無くなっているんです!

⇒山崎賢人の演技は下手?デスノートのL役の評価は?彼女は誰?

この大幅なキャラ設定改変やストーリー変更が、
色々な意味で話題を集め様々な意見が飛び交っているそうですね。

更に映画『デスノート』が、キャストと言いストーリーと言い
大絶賛だったものですから、今回のドラマと比較され、

『やっぱりL役は松ケンが適役だった!』

と言う様な評価を再び受けて、
今回の話題に繋がっているみたいですね。

確かに松山さんのL役は本当ハマり役でしたし、
演技力も最高でした!

l

今回のドラマでL役の山崎さんも別に悪くはないのですが
、何せ大幅なキャラ改変が、原作ファン・映画ファンには
未だ受け入れがたいのかも知れませんね。

という訳でこちらは

『今期のドラマがキャラ改変しすぎ!?&松ケンのL役が本当ハマり役だった為!』

と言う感じでしょうか。

ドラマの方はもう、原作デスノートのキャラが
違うバージョンとして観ると良いかも知れませんね。

3人目の子供!?

最後はコチラの話題。

現在、妻である女優の小雪さんとの間に一男一女を儲けている松山さんですが、
なんと3人目のお子さん、出産予定日が7月だそうですね!今月じゃないですか!

photo_2

と思って調べていたらなんと、7月8日に3人目のお子さんが
無事誕生していたみたいですね!

おめでとうございます!

松山さんは現在、実写ドラマ『ど根性ガエル』で主演を務めているのですが、
その宣伝活動の最中にポロッと告白してしまった様です。

163265

本当はまだ公表しない様にと、スタッフさんに口止めされていたらしいのですが、
嬉しくて忘れていたのでしょうかね?(笑)

という訳でこちらの話題は

『三人目のお子さん、7月8日に無事誕生!』

でした!

家族が増えて増々俳優業にも力を入れて行かなくてはいけませんね、松山さん!

仕事も家庭も充実しているであろう松山さんの今後にも、
要注目していきたいと思います!

 - 俳優, 男性タレント, 男性モデル