*

小林麻央がテレビ出演!がん闘病に追い込んだ二人の医師とは誰?

   

フリーアナウンサーの小林麻央さんが久しぶりにテレビ出演をされました。

日本テレビ系で放送された特別番組「市川海老蔵に、ござりまする。」で久々の顔を見ました。

一時は覚悟を決めていたということで、がん闘病のすさまじさを感じますよね。

がん闘病中ですが、ここまで酷くなったのには理由があるとか?それが二人の医師の責任だとも言われています。

その人達は誰でしょうか?調べて見ましょう。

小林麻央さんがテレビ出演!

1月9日の「市川海老蔵に、ござりまする。」に久しぶりに出演しましたけども、その姿はやっぱりやつれていたと思います。

出典:https://mdpr.jp

 

なんか見ていて笑顔が痛々しい気がしたのは私だけでしょうか?

2014年10月にがん告知をされ、昨年9月下旬、根治手術ではなく、QOL(生活の質)向上のための手術を受け、左胸のがんの摘出をしています。

ご自身のブログでは病状についてステージ4、肺や骨などに転移があると言うことも明かしています。

今回のテレビ出演は6月のがん公表後、初めてのインタビューということですね。

1月4日に入院している病室で行われたそうです。

黒髪ショートのウィッグにうっすらアイメイクや口紅も施し、笑顔で取材に応じていました。

がん闘病しながらも「病気をする前よりチョット良いパートナーに、もし私がこの病気を乗り越えて、今私なりにある試練っていうものを乗り越えられた時に、役者・市川海老蔵をパートナーとして支えられるチャンスを、神様下さいっていつも思っている」と言うことです。

自分ががんで大変なのに、それでも夫のことを思うって凄いですよね。

それだけ夫・海老蔵さんに感謝しているってことでしょう。

出典:http://news.mynavi.jp

海老蔵さんは昨年10月のインタビューで「今年早かったら、3,4,5月でたぶんダメだった。本当に綱渡り。綱もないような所から、手術が出来るとは思わなかった。」と告白しています。

また「今だから言えるけど、今年の夏は絶対無理だと思った。。今10月でしょ。もう既にこの時点で凄い事が起こってる」と妻・麻央さんの奇跡について発言しています。

ってことは、かなり状況は悪いと言うことでしょう、

今生きていることも奇跡ってことなんじゃないですかね?

これ以上の奇跡はおこるんですかね?いや起こして貰いたいですけどね。

麻央さんは海老蔵さんに一年以上闘病で迷惑を掛けたことをわびていましたが、それについても「俺はずっと麻央の夫で、ずっと家族。ずっと支え合うんだよ」と返しているそうです。

めちゃくちゃ夫婦愛に溢れてますけどね・・・。

出典:http://www.asahicom.jp

海老蔵さんいつからそんな良い人キャラになったんでしょう?

昔の悪の限りを尽くしたイメージとはほど遠いキャラになりましたね・・・。

結婚して変わったんですかね?だとすると麻央さんの存在はとても大きいですよね・・・。

是非、奇跡がもう一度怒って欲しいですよね。それは日本中の皆さんが思っている事だと思います。

 

小林麻央さんをがん闘病に追い込んだ二人の医師とは?

もしかしたらもう余命を超えて生きているんじゃないかと思うほどの小林麻央さん。

奇跡を信じたいと言う思いと、あとどれくらい生きられるのかという思いの間で頑張ってるンじゃないですかね?

どうして、ここまでがんは悪化してしまったんでしょう。

乳がんですけど、他の人は復活している人も多いですよね。

現在ステージ4で肺や骨に転移があるということで、かなり厳しい状況です。

やはり最初に診断した医師に責任があると言わざるをえない気がしますけどね・・・。

2014年小林麻央さんは夫の市川海老蔵さんと一緒に人間ドックを受診して、乳がんの疑いがもたれました。

そしてすぐに港区にある大病院で再検査。このとき担当したのは乳腺外科のA部長ということです。

この当時同科には部長が二人いたそうで、もう一人の部長だったX医師は臨床経験が豊富な名医だということですね。

このときもしもX医師が診断していればがんが発見出来ていたのでは?ということです。

しかし、診断したA部長はがんを見落としたんですよね・・・。

8ヶ月後、乳房に違和感をもち検査を受けた麻央さん。ここでやっと乳がんが発見されました。告知したのはA部長ということです。

このときには既にリンパ腺にがんが転移した状態だったと言うことです。

で、ここでもミスを犯しているんですよね・・・まあミスというか説得出来なかったと言うことですよね。

このときの治療法としては二つの方法があったそうです。

1.抗がん剤によってがんを小さくする方法
2.手術で切除する

この二つですね。A部長は手術を勧めたそうです。

しかし、麻央さんは乳房の温存を望んだって事ですね。

女性として、まだ若いですしそれも当然なのかもしれません。

ここにはA部長の部下のB医師も加わったそうですが、このB医師が手術をしない抗がん剤治療を受け入れたため、がんは進行したと考えられます。

でもここできちんと説明して手術を受けていれば、今のような最悪の状況にはならなかったと思いますけどね。

つまり、初期でがんを発見出来なかったA部長と手術の説得を諦めたB医師の罪は大きいと言うことです。

本当の所は分かりませんけどね。それでも悔やんでも悔やみきれないと思います。

あの時早期発見出来ていればってことですけどね。

でも、これも運命なんですかね?こんな一言で片付けるのはあれですけど、もう過去には戻れませんしね。

現状は頑張るしか無いと言うことでしょう。奇跡を信じてね・・・。

こちらは手術して復帰しました↓

北斗晶がテレビに復帰!がんの進行状況や完治したの?余命や現在は?

 

まとめ

小林麻央さんについて調べました。

がん闘病はとても辛いでしょう。今のところは根本的な治療は行っていないと思います。

痛みを和らげるとかそういった感じじゃないですかね・・・。

だとするとこれからは死についても考えることになるかもしれません。

いや、本人はもう色々と考えているかもしれませんけどね。

残った子供が可哀想ですけどね・・・・。

出典:http://static.pinky-media.jp

がんは早期発見すれば治る病気になりました。皆さん検診受けましょうね。

 - ニュースキャスター