*

内田光子がグラミー賞を受賞で二度目の栄誉!プライベートも調査!

   

ピアニストの内田光子さんが米音楽会最高の栄誉とされる第59回グラミー賞の授賞式が2月12日行われ、クラシック部門の最優秀ソロ・ボーカル・アルバム賞に輝きました。

内田光子さんは2011年にも最優秀器楽ソリスト演奏賞に続き、2度目ということです。

凄い賞なのにそれを二度もっていうのは凄いですよね。しかし、どんな人なのかも経歴や活動もしりません。

ということで、色々と調べてみましょう。

 

内田光子さんとは?

内田光子(うちだみつこ)さんは1948年12月20日うまれの現在68歳。

出典:http://cdn.mainichi.jp

静岡県熱海市出身。英国籍のピアニストということですね。

お茶の水女子大学付属小学校在学中、桐朋学園の「子供のための音楽教室」にて松岡貞子さんに学んでいます。

父親の内田藤雄さんが外交官ということで、12歳で渡欧。

1961年からオーストリアのウィーン音楽院でリヒャルト・ハウザーさんに師事しています。

同時期に留学中の寺田悦子さんが同音楽院に在籍し、互いに切磋琢磨したということです。

出典:https://www.japanarts.co.jp

その後も、アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ、ヴィルヘルム・ケンプ、ステファン・アスケナーゼ、ニキタ・マガロフらの薫陶を受けています。

その後、はプロの演奏家として真の自立を図るべく、その後一切特定の師にに付かない事を決意!

初期の頃はかなり両親から金銭的な援助をして貰っていたようです。

っていうかこれを書いていて思ったんですが、日本人だけど、生活は外国ですよね。

考え方とかも全然日本人と違うのかな?って思いますし、日本人だけど日本人じゃないみたいな感じがしますね。

別にだからどうだって話しじゃ無いんですけど・・。

日本で生まれた日本人だけど、外国で生活して外国で修行したみたいな感じですよね・・。

1971年に英国ウィグモア・ホールでの演奏会で、ロンドンデビュー。1972年には拠点をロンドンに移しています。

ヨーロッパを中心に活動していますが、1970年代は不遇の時代だったとうことですね。

大手レコード会社からのオファーは全くなく、日本では演奏会を開くことすらも難しく先ほど書いたように両親がチケットを売りさばくことに苦心していたったことです。

しかし1982年、東京文化会館小ホール、そしてロンドンのウィグモア・ホールでのモーツアルト「ピアノ・ソナタ連続演奏会」は”ウチダの火曜日”とロンドンの批評家から絶賛をあび、一躍楽壇の寵児となります。

さらに1984年にイギリス室内管弦楽団を自ら指揮しつつ演奏したモーツァルトのピアノ協奏曲の全曲演奏会を契機に、フィリップスにモーツアルトのピアノ・ソナタとピアノ協奏曲を全曲録音。

出典:https://content-jp.umgi.net

これら一連のチクルスは空前の大成功をおさめ長い不遇の時代を経て名実ともに国際的な名声を不動のものにしています。

ピアノの腕前は凄いんでしょうけど、素人にはわかりませんよねwwww

私も良くはわかりません。

内田さんは作曲家の指示を無視してでも強引に指定を書き換えて弾くことが多々有り、ドビュッシーの音域ミスやシェーンベルクの音列ミスを独自に指摘して直して弾いたこともあるそうです。

そのあたりが「楽譜通りに弾く」ことを要求する楽壇からは受けが悪いらしく、ある程度の記譜を残してあとは演奏家に任せる古典派以前のレパートリーで文字味を発揮したのは必然の結果ということです。

 

内田光子さんが二度目のグラミー賞を受賞。

今回はドイツのソプラノ歌手ドロテア・レシュマンさんの伴奏を務めた演奏会を収録したアルバム「シューマン リーダークライス、女の愛と生涯/ベルク 初期の7つの歌」が授与対象。

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

英国のテノール歌手イアン・ボストリッジさんらの作品と同時受賞ということですね。

今回が二度目の受賞と言うことですが1回目の受賞は2011年最優秀器楽ソリスト演奏賞ということですね。

なんだかわかりませんけどwww凄いってことはわかりますよ。

ちなみに期待されていた坂本龍一さんは映画「レヴェナント 蘇えりし者」の音楽で映画サウンドトラック部門の最優秀作曲賞にノミネートされていましたが受賞は逃しました・・・。

出典:http://bond-mag.jp

個人的には坂本龍一さんの方が知っているので、残念だなって気持ちの方が強いんですけどね・・。

 

内田光子さんのプライベートは?

世界有数のモーツァルト演奏家として知られ、”世界のUchida”として活躍している内田光子さん。

プライベートについては全然知りません・・・。

結婚はしていないようですが、私生活上の「パートナー」はいるらしくそのお相手が、世界最高の知性100人に選ばれている

「EU理事会対外・政治軍事総局長のロバート・クーパー」さんってことです。

まあ全然知りませんけど、凄そうだなっていうのはわかります。

画像はこちらです。

出典:http://globe.asahi.com

知性の100人って言うだけでもなんか凄く頭が良さそうで会話がついていけなさそうな気がしますけど・・。

一体どんな会話をしているんだろうか?

このクーパーさんっていうのは、オックスフォード大学、ペンシルベニア大学を経て、イギリスの外務省に入省し、イングランド銀行などの養殖も歴任しているほどの凄い人なんだとか!

凄い経歴ですよね。

そういう人に選ばれたんだから内田さんも凄いんだろうなって感じです。

 

まとめ

内田光子さんについて調べました。

こういうニュースがないと絶対に知らなかった名前だと思いますね。

でも日本人として誇らしいですよね。ピアニストについてはよくわかりませんけど、世界で有数ってことですからね。

日本でもコンサートとかするんだろうか?

近くでやるときには行ってみたいものですね。人気でなかなかチケット取れないかもしれませんけどね・・。

とりあえず、おめでとうございます。

個人的にはこっちの方が聞きたいなwww↓

高木里代子の彼氏や年齢は?水着でジャズ?!Wiki風プロフィール!

 - 音楽家