*

伊藤有希が海外で初勝利!好調の理由や高梨沙羅との関係は?

   

女子スキージャンプの伊藤有希さんが2月15日韓国・平昌で行われたW杯ジャンプ女子第17戦で、海外で初勝利をあげました。

最近は好調で高梨沙羅さんを上回ることもありますよね。好調の理由はあるんでしょうか?

また高梨沙羅さんよりも目立った活躍は無いと思いますけど、これから注目株ですよね。

色々と調べて見ましょう。

 

伊藤有希さんとは?

伊藤有希(いとうゆうき)さんは1994年5月10日生まれの現在22歳。

出典:http://ayapanland.com

北海道下川町出身の女子スキージャンプ選手になります。

身長は161センチ。普通の身長ですかね?高梨沙羅さんよりは大きいと思います。

可愛いと言われていますんで、とりあえず画像です。

出典:http://trivia99.com

どうでしょうか?

父方に伊藤直人さんをはじめ全国大会上位に入賞したジャンプ選手をもち、母方には実母の北嶋真智恵さんなどアルペンの全国大会上位入賞者をもつスキー一家であるということです。

アスリートの血が流れているってことですかね。

4歳の時、父の伊藤克彦さんがコーチを務める下川ジャンプ少年団でスキージャンプを始めています。

2006年夏には日本最年少の小学6年生にして大倉山ジャンプ競技場を飛んで注目も集めています。

ジャンプに関してはエリートって事なんだと思います。

っていうかジャンプ競技って小さい頃からやってないと恐くて飛べないですよね・・・。

出典:http://conversation.tokyo

上の画像右がお母さんです。

大人になってからジャンプをやり始める人なんていないと思うんですよ。

恐怖心がでてジャンプしようっていう気持ちにならないと思いますけどね・・・。

確かスキージャンプって最初は処刑されるためのものだったって聞いたことがあります。

確かに普通の神経ではスキージャンプしようとは思いませんけどね・・・。

見る分には楽しいですけどっwww

2007年3月に行われたFISコンチネンタルカップレディースでは日本人最高の3位になり、史上最年少で表彰台に上っています。

2011年3月9日蔵王ジャンプ競技場でのコンチネンタルカップレディースで国際大会初優勝を果たしています。

2013年4月同郷の葛西紀明さんが監督を兼務する土屋ホームへ入社。

出典:http://www.itoyuki.com

ソチオリンピックにも出場し、7位入賞を果たしています。

その後も活躍していますが、今年はとくに調子が良いように思いますね。

2016-17シーズンを見ると・・・

・12月2日 リレハンメル 準優勝
・12月3日 リレハンメル 準優勝
・1月7日 オーベルストドルフ 3位
・1月14日 札幌 優勝
・1月15日 札幌 準優勝
・1月20日 蔵王 優勝
・1月21日 蔵王 優勝
・1月28日 ルシュノヴ 3位
・2月15日 平昌 優勝

ということで、優勝4回しています。とくにアジアでの強さが際立っていますよね。

海外で初優勝ということで、今後も期待出来そうです。

何か変化があったんでしょうか?そこも合わせて調べてみましょうね。

こちらはスケートのお話です↓

浅田真央は限界で引退した方が良かった?不調の原因や復活は?

 

好調の理由は?

始めての海外のW杯での優勝。しかも1年後の五輪の舞台の平昌での優勝ということで、凄いですよね。

さて、好調の理由はなんでしょうか?

一概にこれっていうのは無いみたいですけどね。

今までのトレーニングが実を結んでいるってことでしょう。

2013年に土屋ホームに入社し、そこで葛西監督の指導も良かったのかもしれません。

あとは今までの試行錯誤の成果って事ですかね?

夏場の陸上トレーニングも生きていると分析できますし、筋力が増えたことがジャンプの安定に繋がっているということですね。

また葛西監督は「今季はアプローチのポジションが凄く良い」という発言もありました。

あとは精神的なものでしょうね。これだけ優勝を重ねると周りが見えてくるのではないでしょうか?

落ち着くって言うか、精神的に余裕ができると思うんですよね。それがプラスに働いているんだと思います。

 

高梨沙羅さんとの関係は?

2月15日の平昌で海外初優勝を飾った伊藤有希さん。

ライバル・高梨沙羅さんの歴代最多W杯通算53勝を阻んだわけですけど、二人の関係って言うのはどうなんでしょうか?

出典:http://rakutenshop.jp

あまり情報が無いんですけど、ライバルだとは思っているでしょう。

今のところ実績という点では高梨沙羅さんの方が上ですよね。

でも今シーズンの戦いぶりを見ていると伊藤有希さんも肩を並べるぐらいの成績だと思います。

それでも不仲って事は無いと思いますね。

お互いが切磋琢磨して競い合っているって感じだと思います。

素晴らしい関係ですよね。試合後も悔しがっている姿も見えますが、それでもお互い相手の選手への思いやりもあるようです。

悔しさを横に置いてチームメイトの成功を喜べる選手ってことです。

これからもお二人で頑張って日本チームを引っ張って欲しいですね。

この二人がいる日本は強いでしょう。まだ若いですし期待しか無いですよね。

 

まとめ

伊藤有希さんついて調べました。

まだまだ成長過程という感じですよね。これからは更にパワーアップして高梨沙羅さんと競っていきそうです。

二強時代に突入するのかな?近くにライバルがいるって言うのは良いですよね。

お互い頑張って欲しいと思います。

 - スポーツ選手