*

山中慎介がTKOでV12も弱くなった?今までの試合や嫁、次戦は?

   

WBC世界バンタム級王者・山中慎介さんが3月2日、両国国技館で同級6位のカルロス・カールソンとの12度目の防衛戦に臨み、7回57秒にTKO勝利を収めました。

やはり”神の左”は健在?と思ったんですが、昔よりも弱くなったという声もあります。

これまでの試合との違いはあるんでしょうか?またお嫁さんは?

次戦はどうなるでしょうか?色々と調べて見ましょう

 

山中慎介さんとは?

山中慎介(やまなかしんすけ)さんは1982年10月11日生まれの現在34歳。

出典:http://muramura.jpn.com

第65代日本バンタム級王者、第29代WBC世界バンタム級王者。

身長171センチ、リーチは178センチということで、腕が長いですよね。

ボクシング向きの体型って事でしょうかね。

小中学校時代は野球をしていたそうですが、辰吉丈一郎さんがシリモンコンをKOで下してWBC世界バンタム級王座を奪還した試合を見て辰吉丈一郎さんに憧れ、南京都高校入学後にボクシングを始めています。

やっぱり辰吉丈一郎さんは凄いってことだと思いますよ。

出典:http://www.signal-jp.com

そういう格好いい男に憧れるって言うのはわかりますけどね。

高校ではインターハイ2位の経歴がありますね。

始めた頃はオーソドックスだったらしいですが、顧問の指導によりサウスポーに転向したようです。

専修大学進学後はボクシング部の主将も務めています。

山中さん本人は大学卒業と同時にボクシングを辞めるつもりでいたそうですが、大学4年生の時に国体で不本意な成績に終わったことからプロ入りを決意。

帝拳ボクシングジムへ入門しています。

試合などは後でまとめて書きますので省略しますが、山中さんが評価されているのはジャブ、左ストレート、パンチ力、フットーワーク、駆け引きなどがいわれています。

ストレート主体の中間距離タイプ。世界トップクラスとしてはパンチのバリエーションは少ないですが、ボクシングにおいて最も基本のコンビネーションであるワンツーを徹底して極め、回避不可の必殺技にまで昇華させています。

確かにワンツーは驚異ですよね。

ワンツーだけでも20通りあると言うことで、ほとんどのダウンはこのワンツーの左ストレートで奪っています。

試合を見ていてもKOが多く華やかですよね。格好いいです。

山中さんが辰吉丈一郎さんに憧れてボクシングを始めたように、山中さんに憧れてボクシングを始める人が多いと思います。

出典:http://www.sanspo.com

なんといってもね”神の左”ってネーミングが抜群に良いでしょう。

なんか漫画の主人公の必殺技って感じですよね。

男心をくすぐります。そして実際それでKOの山を築いているところが人気の秘密でしょうね。

 

今までの試合、嫁は?

今までの戦績はどんな感じなんでしょうか?

やはり”神の左”でのKOが多いですよね。

そしてお嫁さんが美人だといわれています。

名前を菊地沙也乃さんといい、とても可愛い女性です。

出典:http://旬な話題の館.jp

沖縄出身で「ミスさくら」にも輝いた南国美人。

山中さんの3歳下ですが、恐妻家というエピソードがありますね。

でもそんなことはないと思いますよ。良くある夫婦のエピソードです。

世の中の夫はこんなもんでしょう。

本格的な減量に入る約1ヶ月前になると、栄養バランスを考えた毎食10品目以上の料理でサポートしてるって事ですし、良いお嫁さんだと思います。

二人の間にはお子様も2人いますね。

長男が4歳、長女が2歳です。とても可愛らしいです。

試合に勝利したときには子供をリングに挙げていますよね。

出典:http://goppi.net

チャンピオンの醍醐味でしょうか?この姿をずっと見たいです。そのためには勝利し続けなくちゃイケませんよね。

頑張れパパ!

 

山中慎介さんが弱くなった?

3月2日に12度目の防衛戦に挑みTKO勝利を収めました。

ってことで別に弱くはなってないと思いますけどね。

それでも今までよりは”神の左”に不安があったと言うことですね・・・。

今までが凄すぎたっていうのもあるのかもしれませんけど、色々と問題点があるんでしょうか?

そんなに不安になる事は無いと思いますけどね。

”神の左”は最後には通用していたわけですし、相手のカルロス・カールソンがタフだったっていうのはあると思います。

試合の序盤は上半身と下半身のバランスが悪く、パンチが流れるケースが目立ちました。

「体が浮ついて、パンチに体重が乗ってないのがわかった」

と本人も発言しています。

それでも、ジャブからリズムを作り、修正していきましたからね。

経験がいきた試合っていうことでしょう。

防衛戦11回はやはり伊達じゃないってことですよね。

しかし、弱くなったとはいいませんが、不安な面はあります。

それはやはり年齢的なものでしょう。

34歳ですからね。だんだんと衰えが来るとは思います。そこを経験でカバー出来れば良いんですけどね。

次戦は具志堅用高さんがもつ13度の連続最多防衛記録ってことです。

プレッシャーに負けず頑張って欲しいですけどね。

この人もボクサーですよ↓

竹原慎二のがん闘病の現在は?武勇伝や伝説、名言もあわせて紹介!

 

次戦は?

さて、V12を果たした山中慎介さん。次戦が期待されますよね。

具志堅用高さんに並ぶV13です。具志堅用高さんが達成したのは24歳。

出典:http://haitai.mag.ink

山中さんが現在34歳、年齢的には厳しいですけど、頑張って欲しいです。

っていうかなかなか対戦相手が見つからず苦労しているみたいですね。

「秋ぐらいで良い選手を探したい」と帝拳ジムの本田会長は発言しています。

しかし、山中さんとの対戦を回避する相手が多いっていうのが実情ですけどね・・・。

今回の試合もモチベーションを作るのが大変だったっていうのもあると思います。

ですが、次の試合は気合いが入るでしょう。

山中さんはいつも一戦一戦が勝負といっていますし、それは変わらないですが、周りの雰囲気が違ってくると思いますしね。

統一選の実現交渉を続けていますが、なかなか予定が無いって言うのが現状です。

山中さんの名前は海外の方が通っているってことで、相手が逃げるんですね・・。

山中さんが階級を上げるのを待っているって言うことです。

次戦の対戦相手として有力なのはメキシコの次世代ホープといわれるルイス・ネリーさんだと言うことです。

出典:http://ibu4gin.net

KO率の高い若きサウスポーということで、実現すると最大の敵になるかもしれません。

それでも期待せずにはいられない。36年間誰も破ることが出来なかった最多防衛記録に並ぶことが出来るのか?

次戦はそれほどの意味を持っています。秋ですかね?決定して欲しいですね。

 

まとめ

山中慎介さんについて調べました。

とても幸せそうな家庭ですし、ボクシングも順調です。

V13は目標ではないでしょう、それより上を目指していると思います。

V14,V15と続けて欲しいですね。

年齢的にはもうそんなにボクシング人生は長くないと思います。

残りのボクシングを楽しみたいです。”神の左”は凄いって所もまだまだ魅せて欲しいですね。

 - 未分類