*

金城一紀は小説家で脚本家?作品はどれもヒットで人気の秘密や新作はCRISIS?

   

金城一紀さんって知ってますか?小説家であり脚本家でもあるって事ですね。

何が凄いかって小説が殆ど映像化され、ヒットしているってことですね。

人気の秘密はなんでしょうか?また新作も気になりますよね。

色々と調べてみましょう。

金城一紀さんとは?

金城一紀(かねしろかずき)さんは1968年10月29日生まれの現在48歳。

出典:http://japanikemen.up.n.seesaa.net

埼玉県川口市出身。

中学校までは民族学校(朝鮮学校)に通っていたってことですね。

朝鮮籍から韓国籍に変えたのを機に、日本の高等学校に通い、さまざまなジャンルの本を読む日々を過ごしたって事です。

大学1年生の時に小説家を志しますが、執筆には早いと判断し、卒業後の数年間まで膨大な数の作品をみて勉強したって事です。

勉強家ですよね・・・。昔は探偵になりたかったということで、ミステリーばかり読んでいた頃もあったそうです。

アガサ・クリスティとかコナン・ドイル、赤川次郎、西村京太郎、松本清張などを読んでいたそうです。

漫画も大好きで、よく読んでいたってことですよ。

また大学は慶應義塾大学法学へ入学していますが、親友の死をきっかけに大学1年の頃から小説家になることをきめたってことです。

何があったんでしょうか?凄く気になりますけどね・・・。

その大学の時は自分でノルマをきめて1日2,3冊は読んでいたって事です。

「今までに書かれたことのないものを書きたい」という欲求があったって事です。

なるほどね、そのためには色々な本を読まないと書かれたこと無いものはわかりませんからねwwww

しかし、「新しいものを書くには、自分で文字を発明して書くしか無い」って思うぐらい絶望したそうです。

それほど色々な本を読み、色々な作品があることがわかったんでしょうね。

しかし、そこで日本文学にないものってことで、在日文学ということで「GO」を書いたって事です。

ということで、2000年には自身の生い立ちが元の半自伝小説「GO」を出版。直木賞を受賞しています。

翌年に「GO」は映画化、国内の映画賞を総なめにしています。

出典:http://www1.e-hon.ne.jp

確かにこの作品は凄かったですよね。っていうかこの作品で金城さんの名前は売れたと思いますよ。

やはり在日韓国人っていうのが大きいんでしょうね。

小説家で脚本家?新作は?

小説家でデビューした金城一紀さんですが、脚本家としての顔もあります。

現在絶賛放送中のドラマ「CRISIS~公安機動捜査隊特捜班」は小説が原作ですけどね。

でも以前フジテレビで放送されていた「SP 警視庁警備部警護課第四係」は原作・脚本をやっています。

だから似ているのかもしれませんけどね。

それでも「SP」もヒットしましたし、「CRISIS」も面白いです。この「CRISIS」こそが新作だと思いますけどね。

今放送されている中で一番面白いって思いますけどね・・。

小栗旬さん主演で構想5年の末に実現したドラマ化ってことですよ。

原案・脚本を手がけているのが金城さんですが、他にも小栗旬さんのコンビでドラマをやってますよね。

テレビ朝日で放送されたドラマ「BORDER」ですね。

斬新な内容で、主役の刑事(小栗旬さん)が殺された被害者の霊を見る事で加害者を捕まえるというもの。毎回事件は解決しますが、被害者は既に亡くなっているというなんともいたたまれない気持ちが漂うドラマでした。

出典:http://japanikemen.up.n.seesaa.net

全体的に暗めの内容で、サスペンスであり、人間的要素も強いですよね。

衝撃的なラストで度肝を抜かれた人も多いようです。

気になる人は是非見てくださいね。

人気の秘密は?

さて、金城一紀さんの原作ドラマっていうのは非常に人気があります。

その人気の秘密はなんでしょうか?やっぱり脚本が面白いってことなんでしょうけどね。

先が読めない、そして人間ドラマがしっかりしているって所だと思います。

あと、ちょっと暗めっていうのも好きですけどね・・・。

アクションも凄いですけど、本格的でリアリティもありますけど、それだけじゃない人間の心の奥を描いている所も人気の秘密でしょう。

で、今はもう過去の作品が面白いので、次回作も期待されてしまうっていう感じです。

ハズレがない脚本家として今後も活躍していくんだと思いますけどね・・・。

まとめ

金城一紀さんについて調べました。

「CRISIS」は新作になりますけど、どんどんパワーアップしている気がします。

この人の演技も素晴らしかったです!↓

今井悠貴のCRISISの演技が格好いいしイケメン!子役出身でドラマや現在は?

そういう向上心も金城さんの魅力なんでしょうね。

金城さんはオタクっていうか突き詰めていくタイプなんでしょう。

本なんかも凄く読んでいるし、音楽や映画もたくさん見ているってことで、それを超えていこうということで書いているんでしょうね。

あと、ドラマ的っていうか「黒幕は誰なのか?」「物語はどう終幕へむかうのか?」っていう見所を作るのが上手いと思うんですよね・・。

そして予想を裏切るラストとかそういうのが人気の秘密でしょうね。

「CRISIS」を放送しているのに、また次の作品を期待してしまう作家ですよね。

やっぱりドラマって脚本が大事だと思うんです。いくら良い俳優さんが良い演技をしていようが、ストーリーが面白くなければ全然ダメだと思います。

なので、これから金城一紀さんは重宝されるでしょう。

今後の作品も楽しみです。期待しています。

 - 作家, 小説家