*

楽天投手・則本昂大が8試合連続2桁奪三振!進化の理由は?嫁や年俸、成績も調査!

   

東北楽天ゴールデンイーグルス則本昂大投手が8試合連続2桁奪三振ということで、進化を遂げています。

理由はなんでしょうか?結婚してるのかな?お嫁さんがいるということで、気になりますよね・・。

年俸や成績も調査してみましょう。

則本昂大さんとは?

則本昂大(のりもとたかひろ)さんって読むんですね・・・。たかひろが読めなかったですwww

1990年12月17日生まれの現在26歳。まだ若いですよね。

出典:http://news-diary1.com

右投げ左打ち、身長178センチ、体重82キロ、以外と背が低いっていうか180センチ無かったんですね・・。

なんとなく身体全体がバネって感じで、力一杯投球しているイメージがありますけどね・・。

ということで、則本投手について過去を振り返ってみましょう。

小学校時代には「多賀少年野球クラブ」に所属し、5年生からエースになっています。

また水泳を習っていたそうで、それにより怪我をしにくい身体が作られたってことですよ。

水泳ってやっぱり習っていた方が良いんですかね・・。他のスポーツとかにも役立ちそうですしね・・・。

八幡商業高校時代は2年生から主戦投手になっていますが、甲子園の出場経験はありません。

三重中京大学進学後は1年秋からリーグ戦に出場。2年次の第59回全日本大学野球選手権大会では広島経済大学戦で、救援登板するもサヨナラ負けを喫しています。

大学通算でリーグMVP1回、ベストナイン2回受賞。三重県リーグ通算成績は33勝0敗、防御率0.56ということで、もの凄い成績だと思います。

出典:https://i.ytimg.com

負けてないってことですよね・・。

2012年のドラフト会議で東北楽天ゴールデンイーグルスから2位指名を受け、契約金7000万、年俸1200万で仮契約。

2013年では新人ながら開幕投手を務めています。

っていうかそれから4年連続で開幕投手を務めていますけどね・・。

2017年はWBCの影響も考慮して開幕投手をしなかっただけですしね。

それだけ球団からの信頼も厚いって事でしょう。それだけの成績を残していますしね。

リリースの瞬間に顔が上を向く独特のスリークォーターから平均速球148キロのフォーシームと平均約133キロのスライダー、平均約138キロのフォークの3種類で全投球の9割を占めるってことです。

たまにカーブやチェンジアップを使用しているって事ですね。

ストレートの平均回転数は2300rpm台後半ってことで、メジャーの平均値より上だったと言うことです。

球にスピンがかかっているってことなんでしょうね・・。

気迫を前面に押し出す投球スタイルが魅力だと思います。

気迫がこもっていて良いですよねwwww

8試合連続2桁奪三振!進化の理由や成績は?

6月8日に本拠地DeNA戦で自身のプロ野球記録を更新する8試合連続の2桁奪三振を記録しました。

この試合は2失点完投勝利ということで、7安打12奪三振。

自身7連勝で両リーグトップの8勝目を上げています。

今年は好調ですよね。ちなみに今年の成績は

・4月19日 10奪三振(西武戦 8回自責3 勝敗つかず)
・4月26日 10奪三振(ロッテ戦 7回自責1 勝利)
・5月 3日 12奪三振(オリックス戦 8回自責2 勝利)
・5月10日 12奪三振(ロッテ戦 9回完封勝利)
・5月17日 12奪三振(日本ハム戦 7回自責5 勝利)
・5月25日 10奪三振(オリックス戦 8回自責1 勝利)
・6月 1日 12奪三振(巨人戦 8回自責2 勝利)
・6月 7日 12奪三振(DeNA戦 9回自責2 勝利)

ということです。これだけの成績を収めているから楽天は首位なんだと思いますけどね・・・。

2013年の田中将大投手の24勝を思い出させるぐらいの快投ではないですか?

則本投手はどうやって進化してきたのでしょうか?

やはり魅力は最速157キロのストレートですよね。以前から威力はありましたけど、今年は精度も増しストライク率が上がっていることも進化だと思います。

打者を早いカウントで追い込めるようになったということですね。

直球主体で有利なカウントに持ち込むことで、決め球の変化球が有効になったということです。

そして今年はフォークボールも落ちるようになっているようですしね・・。

また今年は駆け引きが上手になったということですね・・。

相手の狙いを逆手に取れるって事です。冷静に見渡せるようになったっていうのもあるんでしょうね。

技術面もメンタルも成長しているってことですよね。だからこそ今年のような成績が残せるって事です。

今後どこまで奪三振が続くのか?とても楽しみです。

で、勝利数がどこまで行くのかも楽しみですよね。楽天優勝には則本投手の活躍が欠かせません。

期待しています。

嫁や年俸は?

則本投手は26歳ですが、結婚してお嫁さんもいらっしゃいます。

スポーツ選手は結婚が早いほうが落ち着いて仕事が出来ると言いますけど、まさにその通りって言うのが今年の活躍ぶりですよね。

則本投手は2013年12月24日に結婚しています。お嫁さんは藤本紋華(ふじもとあやか)さんという方で、高校時代の野球部のマネージャーで1歳年下です。

高校時代は交際していなかったようですが、2011年に行われた高校の野球部の忘年会で再会したのがキッカケでそこから交際がはじまり、約1年半で結婚となっています。

とても明るい明るい性格で料理も上手ということで、則本投手をサポートしているんでしょうね。

画像を探しましたが一般人ということでありません。

出典:http://気になるらぼ.biz

上の画像はAKBの倉持さん。似ているって話ですよ。美人ですかね?

2016年3月8日に一人目の女児が誕生している様です。

子供のためにも頑張っているって言うのもあるかもしれませんね。

で、成績も上昇している則本投手の年俸も気になりますよね。

いずれも推定ですが・・

・2013年が1200万円、2014年6000万円、2015年1億2000万円、2016年1億5000万円、2017年が2億円ということです。

5年で2億円というのは現在メジャーリーガーの田中将大さんと同じ楽天最速ということですね。

この調子だと、則本投手もメジャー挑戦とかになるんだろうか?

メジャーでも十分活躍出来そうですけどね・・。

まだまだこれからも成長していきそうな則本投手、今後に期待です。

こちらも野球選手の話題です↓

紺野あさ美がプロ野球選手と電撃結婚!恋ダンスが可愛い!動画も!

 - スポーツ選手