*

武田久が日本ハムを退団!現役続行で引退せず!成績や嫁、移籍先はどうなる?

   

日本ハムファイターズの投手・武田久さんが退団ってことです。

現役続行を希望しているという事ですね。

できることなら日本ハムで最後まで頑張って欲しかったですけどね・・。

引退はしないってことで、移籍先はどうなるんでしょうか?

そんな武田久さんを支えてきたお嫁さんや子供は?成績なども調査してみましょう。

武田久さんとは?

武田久(たけだひさし)さんは1978年10月14日生まれの現在38歳。

出典:https://www.fighters.co.jp

身長170センチ、体重73キロと決して恵まれた体格とは言えませんが、活躍していましたよね・・。

徳島県徳島市出身。

中学2年生までは内野手ということで、投手として活躍し始めたのは3年生の頃からということです。

投手にはこだわりを持っていなかったらしく、強豪校へ進学し、野手転向を考えていたそうです。

しかし、本人が留守中に野球部長と監督が家に訪れ、父親を説得して生光学園高等学校への進学が決まったということです。

周囲に説得されて投手を継続したって事ですね・・。

高校を卒業後に駒澤大学に進学。1年生春から登板し、1年生秋には防御率1位で優勝に貢献しています。

東都大学リーグでは通算63試合に登板し、駒澤大学の投手の通算勝利数としては23勝18敗、防御率2.27,232奪三振という結果を残しています。

社会人時代は日本通運に所属。配送業務を担当していたってことですね。

2002年秋のプロ野球ドラフト会議において日本ハムファイターズから4巡目に指名され入団。

2003,4年は目立った活躍は出来ず、2005年は夏場まで2軍でしたが、中盤に1軍に昇格し、救援以降は終了まで15試合、22イニング連続無失点を記録し、勝ちパターンの継投に名前を連ねています。

2006年はリリーフで重用され、球団記録となる75試合に登板しています。

この記録は凄いですよね。だって半分以上の試合で投げてるって事ですからね・・・。

しかも40ホールド、45ホールドポイントで最優秀中継ぎ投手になり、リーグ優勝・日本シリーズ優勝に大きく貢献しています。

2009年には抑えを任され、レギュラーシーズンを無敗で終えています。

そして最多セーブ投手となり、パリーグの選手としては最優秀中継ぎ投手と最多セーブ投手の両タイトルを獲得した初の選手になっています。

中継ぎ抑えで活躍している選手ですよね。

背が低いっていうのを武器にしていて低い重心から投げるフォームから平均急速約140キロ、最速147キロのストレートとスライダー、シュート、フォークボール、カーブを投げます。

低い位置からボールがでるので、打者にとっては浮き上がってくるように見えるって事ですね・・。

出典:http://www.sponichi.co.jp

だからこそ活躍出来るって事でしょう。

制球力も高く、被本塁打も少なく、2006年、2009年にはそれぞれ被本塁打1という記録を残しています。

しかしここ何年かは思うような活躍が出来なくなったのかな?

2015年には左膝、右膝を手術して1軍未登板でしたしね・・。

2016年も怪我のリハビリで調整などもしていました。

まあ、全盛期のような力は無くなったと思います。

日本ハムを退団!現役続行で引退せず!移籍先はどこ?

9月11日、今季限りで日本ハムを退団し、現役続行を目指すことが発表されました。

球団からは今月に入り、現役引退を勧められたということですが、現役続行を希望。

球団も守護神としてチームを長年支えた功労者の意向を最大限尊重する方針ということです。

日本ハムのユニフォームを脱ぐってことですよね・・ファンは悲しいですけど・・。

現在は二軍の本拠地・鎌ケ谷で汗を流しているという武田久投手。

「もちろん、現役を(来季も)やるという前提で練習をしている。今、言えるのはそこまで」

と話しています。

日本ハムはいつものように若手を積極的に起用する方針なんでしょうね。

だからベテランは追い出されるわけです・・・。いつものことですけど・・・。

そういうチームだから仕方が無いんですけど、ファンは複雑ですよね・・。

それでも移籍して活躍してくれればファンも嬉しいです。

で、気になる移籍チームですがどこになりますかね?

噂では中日が獲得調査をしているって事ですね。

駒大OBで武田久さんと親交が深い中日の森監督がいるので、可能性は高いと思います。

中日は昨オフから補強ポイントを中継ぎ投手と定め、アラウホ選手、ロンドン選手を獲得しています。

そういえば7月には日本ハムから谷元選手を金銭トレードで補強しています。

元日ハムの2人で中日の補強は完璧になるってことですかね?

似たようなタイプの2人ですけど、その辺は良いんだろうか?

まあ日ハムでも一緒に頑張っていたので、大丈夫だと思いますけどね。

なにより、活躍してくれることを願っています。

成績やお嫁さんは?

2003年からプロで活躍し、2006年には40ホールド。

更に2009年からは抑えを任されて34セーブなど、中継ぎ、抑えとして活躍していました。

通算13年で31勝30敗167セーブ、107ホールということですね。

年俸は1500万円から始まり、2007年には7000万。2008年に1億1000万、20010年には1億9000万、2012、13,14年は2億4000万円です。

その後は怪我の影響も大幅ダウンして2016年1800万になっています。

そう考えると今は再起を目指しているっていうことでしょうね。

そんな武田久さんを支えている家族についても少しご紹介しましょう。

結婚はしていてお子様もいらっしゃいますが、詳しい話はわかりませんね・・・。

子供は2人いて男の子と女の子ということです。

現在は10歳ぐらいという事ですが、少年野球をやっていて4番でファーストらしいです。

運動神経も引き継いでいるのかな?

出典:http://stat.ameba.jp

女の子は4歳ぐらいみたいですね。

きっとお嫁さんも美人でしょうし、子供も可愛いんでしょう。

武田久さんも可愛い顔してますしねwwwww

野球選手ってほぼ家にはいない職業なので、お嫁さんの苦労は大変だと思います。

そして今度は移籍ってことになるとどうなるんですかね?

家族で頑張って欲しいと思います。

この選手も凄いですよね↓

岩瀬仁紀が歴代最多950登板!嫁や成績や年俸や?スライダーが凄い!

 - スポーツ選手