*

ホーキング博士が死去!病気や死因は?予言や子供、映画や本見たことある?

   

Pocket
LINEで送る
Pocket

ホーキング博士死去されたってことで、ビックリしました。

病気だったのはわかりますけど、死因はなんでしょうか?

予言や子供、映画などがワードに上がっています。

本も有名ですが読んだことはありますか?

色々と調べて見ましょう。

ホーキング博士とは?子供やお嫁さんは?

ホーキング博士はスティーヴン・ウィリアム・ホーキングさんといい、1942年1月8日に生まれました。

イギリスの理論物理学者ということですね。

一般相対性理論と関わる分野で理論的研究を前進させ、1963年にブラックホールのブラックホールの特異点定理を発表し、世界的に有名になりました。

現代宇宙論に多大な影響を与えた人物って事ですね。

また一般人向けに現代の理論的雨竜論を平易に解説するサイエンス・ライターの才能もあり、その著作群が各国で翻訳もされています。

オックスフォードに生まれ、両親ともに教育を重視していた生活をしていたそうですよ。

学校では「アインシュタイン」として知られていたそうですが、元々は学問的にはさほど優れてはいなかったそうです。

やがて科学に適性がある所をみせはじめ、数学教師のタータさんに鼓舞されて、大学で数学を学ぼうと決意したということ。

しかし父親は医学を学ぶことを勧めたらしいですね・・・

数学では生活に困るっていう考えだったようです。

確かに医学の方が儲かるイメージはありますよねっwwww

1959年10月に17歳でオックスフォード大学に入学。

1962年、オックスフォード大学を卒業、ケンブリッジ大学大学院、応用数学・理論物理学科に入学。

1963年、検査で筋萎縮性側索硬化症と診断されています。

1965年、ジェーン・ワイルドさんと結婚しています。

1967年、論文「特異点と時空の幾何学」でアダムズ賞受賞。この年に長男のロバートさんが誕生しています。

1970年には長女のルーシーさんが誕生

1974年「ブラックホールの蒸発理論」発表。ロンドン王立協会フェローに選出。

1977年、ケンブリッジ大学の教授職を得ています。

1979年、ケンブリッジ大学、ルーカス教授職に就任。次男・ティモシーさん誕生。

1988年「ホーキング、宇宙を語る」を出版。発行部数が全世界1000万部。日本110万部を超えるベストセラーになっています。

1991年、「時間順如保護仮説」を提唱、これはタイムトラベルで過去にはいくことは出来ないってことのようですね・・

結構悲しいナアって思います。夢がなくなりますけどね・・・

この年にジェーン・ワイルドさんと離婚しています。

1995年、看護師のエレイン・メイソンさんと再婚。

2011年にはエレイン・メイソンさんと離婚されています。

というかんじで年表風に説明してきましたが、よく分かりませんねwwww

凄い人だって言うのはわかりますし、地球上で最も有名な物理学者だって言う事は間違い無いです。

偉大な人だったって事ですけどね・・・

病気や死因は?

1963年に患った病気「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」と闘い続けてきたホーキング博士。

「車いすの天才科学者」という異名からもわかりますよね・・・

全身の筋肉が徐々に動かなくなると言うこの病気。恐ろしいですよね・・・

病気になったときには余命5年とも言われていたそうですが、病気の進行が遅く、50年以上も生きていたことになります。

神様がいかしてくれていたんじゃないだろうか?

この病気は運動神経がやられるってことですが、知覚神経や自律神経は侵されません。

つまり誰かに皮膚をつねられたりしたら痛みはあるって事ですね。

なんかややこしいですけど、痛みがわかるって言うのは人間として大切な事だと思います。

さて、3月14日ケンブリッジの自宅で死去されたということですが、死因はなんでしょうか?

死因については発表されていないんですよね・・・・

でもALSと関連した何かがあったんでしょうか?

それにしてもあまりに突然のことで驚いてますけどね・・・

もっとホーキング博士の名言を聞きたかったというのが正直な感想ですね。

予言、映画、本について!

ホーキング博士は色々な予言をしていますよね。

どれも興味深い物ですが、気になる物を上げていきましょう。

・「人工知能の歓声は、人類の終焉を意味する」

人工知能が意思を持つようになり、自己を再設計し始めると、人類はその進化のスピードについていけず、いずれ全ての分野で人工知能にとって代わられるということですね。

「ターミネーター」の世界が現実になるって事でしょうか?怖いですよね・・

・「宇宙人とコンタクトしてはいけない」

宇宙人は実在しているってことで、地球よりも高度な惑星からくる宇宙人に地球は植民地にされるということです。

・「宇宙全体が破壊される」

スイスにある欧州原子核研究機構という研究所があります。

世界中から優秀な科学者達が集まり人工的にブラックホールを作り出そうとするなど、SFのような超最先端の研究や実験が行われています。

ここでの実験がヤバイって事ですね。

宇宙を破滅させる恐れがあるって事です。

どれも全部怖いですよね・・・

そして人類に残されているのは1000年と発言していたホーキング博士。

それが100年にまで短縮されました。

色々な考えが重なって人類滅亡のカウントダウンは短縮したんでしょうね。

「我々が自らの道を変化させない限り・・」ってことですからね・・

人間が自ら滅亡へ向かわせているって事ですけどね・・・・

ということで、ホーキング博士は凄い人だって言うのはわかりますけど、もっとわかるためには映画「博士と彼女のセオリ-」を見ること。

そして有名だけどあまり読まれていないだろう著作「ホーキング宇宙を語る」をよむことじゃないでしょうかね?

どちらも個人的には見たことがないので、見て読んでホーキング博士について知りたいと思いました。

残念ですけど、今までの偉業を称えたいですね。ご冥福をお祈り申し上げます。

Pocket
LINEで送る
Pocket

 - 科学者 , ,