*

さかもと未明は難病で発達障害だった?現在がヤバイ?夫は医師?

   

漫画家、作家としても活躍している、さかもと未明さん。

難病にかかり、しかも発達障害だったということですね。

現在はどうなんでしょうか?

ヤバイという噂もあるようですね。

また夫は医師だということですが、
難病と関係があったりするんでしょうか?

詳しく調べてみましょう。

さかもと未明さんは難病で発達障害だった?

1965年10月21日生まれと言うことで現在は50歳ですね。

学生の頃からいじめや、両親が理解していくれないことに
苦しんでいたそうです。

大学を卒業してから商社のOLになったそうですが、
うつ病の発症から会社を休みがちになって、
3ヶ月で解雇されたということですね。

この解雇されたのをきっかけに

「いつか自分のように、家族の問題や生きづらさに悩む人の心に届く作品を書きたい」

と思うようになったそうですね。

そして1989年に漫画家としてデビューしています。

学生時代もかなりつらいいじめなどに遭遇していたようで、
それは酷いものだったようですね。

きっとその頃から発達障害だったんだと思います。

さかもとさんの場合は、アスペルガー症候群ということで、
自閉症の一つのタイプです。

それ故に、人と違った行動を取ったり、
発言をしたりということをしたんだと思います。

また、周りの空気が読めなかったりということもありますよね。

発達障害には、周りの理解が非常に大切なんですよね。

でも両親もとても厳しい方のようですし、
そんな甘えは許されなかったのでしょう。

とても可哀想だと思います。

5722a255d786a14ef1456a0f9d017766

周りが病気なんだという意識を持って接していれば、
違う人生だったように思います。

ただ、そういう経験があるからこそ、漫画家を目指し、
成功したということも言えますよね。

さかもとさん本人が2014年に
「まさか発達障害だったなんて」という本を刊行しています。

51Yz8HPaUnL._SX303_BO1,204,203,200_

そうすると、周りから”困った人”という見方から
”そうだったのか”という周囲の受け止め方が変わったそうです。

今の時代だと理解されるんですよね。

社会的な問題ということです。

自分本人がどうしようもない病気ということですから、
周りの人がサポートしていくというのが大事ですよね。

また、さかもとさんは膠原病も発症しています。

2007年の頃です。

難病で、自分の身体に対する抗体ができて、
全身を攻撃してしまうという病気です。

薬を飲んでも効かなかったということですが、
発達障害と診断を受けてから、両方の治療をしていくうちに
改善されていったということです。

発達障害がもっと早くわかっていれば、
もっと楽に生活出来ていたかもしれませんね。

ちょっと人と変わっているという人は、
発達障害の可能性があるということですかね?

それが個性ということも言えるかもしれませんが、
それで悩んでいる人もたくさんいるということでしょう。

昔から変わっている人はいたと思いますが、
発達障害という病気だといわれるようになったのは、
最近だと思いますからね。

時代が変わったということでしょうか?

夫は医師?

さかもと未明さんは22歳の時に結婚しています。

中学生の同級生ということです。

その人は漫画家になることを応援してくれた、
心優しい人だったと言います。

しかし、漫画家として成功して、多忙を極めていたさかもとさんは、
彼の子どもが欲しいという要求に応えることが出来ず、
3年で離婚したということです。

さかもとさんは、親になるのが怖かったとコメントしていました。

自分の子ども時代を想像してしまったんですかね?

そんな風に子どもがなったら可哀想だと思ったのかもしれません。

そんなさかもとさんですが、2012年に再婚されています。

相手は医師ということです、
最初は医師と患者の関係だったと言うことですね。

20121120_sakamotomimei_20

世間では略奪婚だと言われていますが、
最初はそうではなかったというのが本人の弁です。

真相はわかりません。

現在とまとめ

さかもと未明さんについて調べました。

現在は医師である旦那さんの献身的な看護もあり、
病気も良くなっているようです。

ダウンロード

詳細は11月13日放送のバラエティ番組
「爆報フライデー」でご覧下さい。

美人コメンテーターが激変!ということで、
現在の様子がわかると思います。

川島なお美さんの遺影を撮っていた!という情報もあります。

是非ご覧下さい!!

最後まで読んでいただきありがとうございました~ヽ(´▽`)/
コメントやFB、twitterでのイイネ!やシェアなど大歓迎です♪

 - 作家, 漫画家