*

甘利明の賄賂の建設会社はどこ?頭が長いのも気になる!

   

政治家の甘利明さん。
”政治とカネ”の問題が浮上しています。

賄賂を送ったとされる建設会社はどこなんでしょうか?

週刊文春に記事が載っていますけど、
今後どのような説明をしてくれるんですかね?

また甘利さんと言えば頭が長いのが気になりますw
白髪だったり黒髪になったりもしますよね。
色々と詳しく調べてみましょう。

甘利明さんとは?

20121226_40
甘利さんは自由民主党の衆議院議員で内閣府特命担当大臣(経済財政政策)です。

1949年8月27日生まれの66歳。
慶應義塾大学法学部を卒業しています。

父親も元衆議院議員の甘利正さんということで、二世議員ですね。

ソニーに入社したらしいですが、
その後父親の秘書として働いています。

そして父親が引退した後を引き継いで議員ということです。

ま、日本の政治家のおきまりのパターンですよね。

賄賂をおくった建設会社はどこ?

2016年に千葉県の建設会社が2013年に道路建設を廻り、
甘利さんに口利きを依頼。

見返りに総額1200万円を現金や接待で甘利さんに提供した
という記事が週刊文春にのりました。

甘利さんは「社長が大臣室を訪問したのは事実」と認めていますが
「何をしたかは記憶が曖昧だ」とコメントしています。

いやいやいや、もっと上手に話して下さいよ。
なんですか?記憶が曖昧だって・・。

それは認めるって事ですかね?どうなんでしょう?

政治資金規正法とあっせん利得処罰法違反の疑いということですが、
1月20日には甘利さんが会見を行って

”私は国家国民のために正々堂々、紳士に取り組んできたという自身はある”
”私自身は、国民の皆様から後ろ指を指されるような行動は今日までしていないと思ってきた”

と強調しています。

でも、明確な否定の言葉がなかったことから
不安の声が上がっていると言うことです。

週刊文春では2013年11月14日に、大臣室で甘利大臣と面会、
そのときにも桐の箱に入ったとらやの洋館と一緒に、
封筒に入れた現金50万円も渡したと言うことですよ。

本当だったら大変ですよね。

気になるのは千葉県のどこの建設会社なのかと言うことです。

最新の情報では船橋カントリークラブ近くの”薩摩工業”という情報です。

週刊文春のインタビューに応えた総務担当者、
一色武さんの行方は現在不明ということです。

大丈夫でしょうか?トカゲの尻尾切りとか嫌ですけど・・。

TPPが国会承認を控えていたり、大変な時期なのにね・・。
だからこそ今の時期にリークしたんだとは思いますけどね。

頭が長いのも気になる?

さて、ここでガラリと話題を変えて甘利さんの頭についてです。

テレビでよく見ることがある甘利さんですが、
頭が長いですよね・・・。

どうしたの?誰かに引っ張られたの?
ってぐらい妙に頭が長いです。

シリコンを入れたのかなんて疑っている人も中にはいるくらいですw

実際どうなのかは知りませんが
まぁ、遺伝じゃないか?って言う話です。

頭が長いDNAがあるということですね。
また生まれた時に頭を引っ張ったら伸びたなんていう話もあります。

いずれにせよ、額が凄く広く見えて、インパクトがありますよね。

政治家だから、人に覚えて貰うという意味では良いんじゃないでしょうか?

また、白髪の時もあれば黒髪の時もあり
20121226_40そのへんが気になった人もいるようでしたねw

まぁ、年齢には皆逆らえないということですね。

まとめ

甘利明さんについて調べました。
きちんと会見を開いて、経緯を説明して欲しいです。

それが責任の取り方だと思います。

仕事もしているのかもしれませんけど、
悪いことは悪いんですからね。

本人がどう思っているかはわかりませんが、
仕事をきちんとしているからと言って、
不正をするのはダメです。

過去にも色々と問題を起こしていますよね。

”高額な事務所費“
”東京電力からの献金”
”国民年金保険料未納”
”労働保険未加入”

ずいぶんありますよね。
今回ばかりは逃げようがない気がしますけど・・。

早く決着して欲しいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございましたヽ(´▽`)/
コメントやFB、twitterでのイイネ!やシェアなど大歓迎です♪

 - 政治家