*

草刈民代の自宅は豪邸!旦那は周防監督で実家はワンピースで大儲け?

   

元バレリーナであり、現在は女優として活躍している草刈民代さん。
なんでも自宅が豪邸という話です。

また結婚されていて旦那さんは周防監督ですが、
実家はワンピースで大儲けしているという噂です。

ワンピースと草刈さんどんな関係があるのでしょうか?
詳しく調べてみましょう。

草刈民代さんの自宅は豪邸!旦那は周防監督!

62505_200901270338541001233035883c

本名は周防監督と結婚しているので周防民代さんですね。

年齢は50歳。とても若く見えますよね。

身長168センチもありますし、スタイルも良いですよね。

prof_01_0049_ff_02

流石元バレリーナだと思います。バレエは8歳の頃から始め、
2009年の「エスプリ~ローラン・プティの世界をもって、
バレリーナとしての現役を引退しています。

それからは女優業に専念しているようですね。

周防監督との出会いは映画「Shall we ダンス?」ですが、
このときに日本アカデミー賞の最優秀主演女優賞を始め、数々の賞を受賞しています。

Shallwe

1996年に周防監督と結婚していますが、子供はいないようですね。

A0002904-00

さて、そんなお二人が住んでいる自宅が凄いということなんですが…

 

全然情報がありません(泣)www

 

想像ではとても立派な自宅に住んでいるだろうとは思いますけどね。

子供がいないということで、夫婦二人で
とてもゴージャスな家に住んでいるイメージがあります。

草刈さんあまり料理とか家事とかしないと言うことですから、
お手伝いさんとかがいて、しっかり手入れされた豪邸に住んでいそうな感じを受けます。

まあ、勝手なイメージですけどね・・・。

二人とも成功していると思いますので、お金持ちって思っています。

そういう意味では豪邸なんじゃないですかね?

実家はワンピースで大儲け?

最初これを見たとき、意味がわからなかったんですよね。

ワンピースと草刈民代さんがどう繋がっているのか?

全然繋がりがない気がするでしょう。

でも調べてみてわかりました。

草刈さんの実家は大正時代から印刷業を営んでいるそうで、
父親は中央製版印刷(株)の社長ということです。

そしてこの実家の中央製版印刷は週刊少年ジャンプで連載されている
「ONE PIECE」の印刷・製本を行っている会社と言うことです。

それでワンピースで大儲けってことですね!!

この中央製版印刷の株は全て草刈事務所が保有しているそうで、
草刈民代さんも名を連ねているそうです。

ということで、「ONE PIECE」の売り上げの4%ぐらいは
中央製版印刷の取り分らしいです。

コミックが一冊420円として、たとえば400万部だと4%で、
6720万円が中央製版印刷の売り上げに計上される計算になります。

そして、だいたい「ONE PIECE」は1年に4回販売されます。

ということは年間2億688万円!!!

しかも「ONE PIECE」の第1巻から同社は請け負っているそうで、
計算するともの凄い金額になるわけです。

まさに「ONE PIECE」様々って感じですね。

集英社とは50年以上の付き合いと言うことで、
まあ「ONE PIECE」だけでの仕事でも無いとは思いますが、
そういう太いパイプがあるからこそ、やっていけるんでしょうね。

その会社の役員だという草刈民代さん。

やっぱり自宅は豪邸でしょう。

金持ちは金持ちになるようになっているんだろうか?

羨ましい話ですよね~。

まとめ

草刈民代さんについて調べました。

映画「終の信託」では乳○出しの濡れ場も披露しています。

img_14

画像を見ましたけど、とても美しいカラダをしていますよね。

47歳とは思えません。やはり日頃から鍛えているのかもしれませんね。

画像は過激すぎてブログには載せられないので、
検索してご確認ください。笑

2016年は精力的に活動をするようです。

ミュージカル「グランドホテル」が赤坂ACTシアターで4月から、
5月には梅田芸術芸術劇場メインホールで予定されています。

役柄はエリザベータ・グルシンツカヤということです。

またWOWOWの連続ドラマ「沈まぬ太陽」が5月から放送されますが、
こちらにも出演します。

209423

実家がお金持ちで、ご自身もたぶん優雅な生活を送っていると思いますけど、
ちょくちょく映画やドラマに出てやっていけるっていうのは羨ましい限りです。

でも、それだけしっかりした作品に出演していると言うことでしょう。

周防監督の映画には主演で起用されたりしているわけですし、
今後も素晴らしい女優でありつづけて欲しいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございましたヽ(´▽`)/
コメントやFB、twitterでのイイネ!やシェアなど大歓迎です♪

 - 女優, 女性タレント