*

阿蘇山が噴火したら被害や影響はどうなる?可能性はどの位?

   

今回の熊本地震によって阿蘇山の大噴火も懸念されています。

備えあれば憂いなしということで
阿蘇山が噴火したら被害や影響はどうなるのか知っておいて損はないと思います。

今後の噴火の可能性や熊本地震との関係性について
詳しく検証してみましょう。

阿蘇山が噴火したら被害や影響はどれくらい?

v

4月14日に発生した熊本巨大地震により、多大な被害が起きています。
まだまだ余談を許さない状況で、いまなお熊本地方の人は大変な目にあっていますよね。。

さて、そんな大変な時ですが、阿蘇山の噴火も心配されています。
もし阿蘇山が噴火したらどうなるのでしょうか?

既に噴火活動が確認されていますが、
大噴火につながってもおかしくない状況だと思います。

歴史を振り返ってみると過去30万年間に
4度にわたる破局噴火を起こしていると言うことです。

その中でも最後の破局噴火である87000年ぐらい前の破局噴火では大規模な火砕流が発生し、
熊本県、佐賀県、長崎県、福岡県、大分県、宮崎県半分、山口県南部はほぼ焼き尽くされているそうです。

そして一部は朝鮮半島まで到達し、火山灰は日本全土に厚く堆積し、
現在も地層として残っているほどの大噴火だったそうです。

このときは、まだその地域に人が住んでいない状況だったようで、
被害も無かったみたいですけどね。

でも現在、そんな大規模な噴火が起こったらどうなるのでしょうか?

際ほども書きましたが、ほぼ九州全域が危ないと言えるでしょう。。。

火砕流は海を渡れるんだそうです。
CacngVAUAAIwlRZ

構成物質が火山砕屑物と火山ガスの混合体で気体に近いものということですから
それは海を渡れますよね。。

なんとなくイメージでは液体のイメージがありますけど、
実際は違うようです。

火砕流は温度が300度~600度ということで、
時速も120キロを超えると言われています。

そんなスピードで近づいてきた物を防ぐ手立てはありませんよね。。

お偉いさんやお金持ちならヘリコプターなんかで飛んで逃げるのかもしれませんが、
一般人はパニックになるばかりでしょう。

津波は水ですが、
それの”火”に変えた物と捉えて良いんじゃないでしょうか?

遭遇した場合は限りなく生存率はないと思えます。

この火砕流だけでも1000万人を超す死者が出るものと考えられています。

そして火山災害はこれだけではありません。

大量の火山灰が降り積もります。

87000年前の破局噴火の時には
北海道でも15センチ以上の厚さの地層があるそうです!

そのことから考えても、
噴火直後は40センチ以上は積もっていたのではないかと言われています。

そうなると日本列島は雨の度に土石流が発生する危険地帯になると言うことです。
日本沈没っていうか日本滅亡ですよね・・。

そして被害全体の予測を見ると。。。巨大カルデラ噴火はなんと一億人の被害。。。
2014_10_22_01-3

国家存続が出来なくなる状況です。
そしてまだあります。

火山灰が成層圏まで舞い上がり、
地球を覆い、太陽光を遮断して、寒冷化を引き起こすと言われています。

北半球は平均3度下がるんだとか・・。

そうなると、北半球の農業地帯は壊滅状態になり、
世界的に何億人という単位で餓死や凍死者が出るという予測もあります。

日本だけでは無く、世界の破滅へと繋がっていきそうですよね。
噴火だけでもこんなに怖いんだなって書いててぞっとしましたけどね・・・。

やっぱり自然は怖いと言うことです。手の打ちようがないですよね。
それこそ祈るばかりだと思います。

阿蘇山噴火の可能性は?

33
今のところ、阿蘇山噴火の可能性は低いと言うことです。

今のところというのは、
ここ数万年は最大規模の破局噴火はないだろうということですね。

でもこれは熊本地震が起こる前の話しです!!

現在熊本巨大地震が起きて、また地殻変動により、
刺激されたマグマだまりが地下から一気に上昇し、
巨大噴火を起こすことも可能性は無いとは言えません。
dms1604170823008-n1

日本列島では破局噴火は約6000年周期で起きていると言うことですが、
最後の発生は役7300年前。。。

ということはいつ起きてもおかしくないと言う状況です。

地震列島日本で生まれ、
育った私たちにとっては避けられない問題なのかもしれません。

それこそ、祈るしかないのかもしれません。
自然の驚異を思い知りますよね。

とにかくこれ以上大きな噴火につながらないことを心から祈ります。。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
コメントやFB、twitterでのイイネ!やシェアなど大歓迎です。

 - 生活, 都市伝説・噂